ストリートビュー  交通アクセス電話0957-72-6671
文字サイズの変更 サイト内検索
文字サイズ大 文字サイズ中 文字サイズ小
トップページ > 年中行事

年中行事

修正会 1月元旦~7日
修正会(しゅしょうえ)とは、お正月に祈修する法会(ほうえ)という意味で、前年の悪(わざわい・さわり)を正し、一年の吉祥を祈願するものです。
星祭祈願法要 2月第2日曜日
星祭祈願法要のは、皆さまの生まれた年に定まります「本命星」、または、皆さまのその年の巡り星であります「当年星」を祀り供養することにより、除災招福を祈念する法要行事です。
詳細情報はこちら
地蔵祭(水子供養・子育祈願)5月24日
この世に生まれてくることのできなかった胎児だけでなく乳児期、幼児期に死亡した子供の霊をご供養します。気がかりな「水子」という存在を地蔵さまのもとにおあずけすることによって悪しき縁を無くすことができます。「水子供養」をすることで、悪因を善因に変え、供養された家族が幸せの功徳を受けることができます。 また、生まれてきた子供の無事成長を祈願する法要でもあります。
詳細情報はこちら
土用護摩祈願大法要 7月第4日曜日
護摩とは不動明王を御本尊とし、その前に壇を設け色々な供物を捧げ、護摩木という特別につくられた薪を焚いて不動明王に祈る真言密教の秘法です。護摩の火は不動明王の智慧を象徴し、薪は煩悩を表わしています。護摩の儀式を通じて僧侶は薪という煩悩を不動明王の智慧の炎で焼きつくし、ご檀信徒と共に清浄なる願いとして高まり成就することを祈ります。
詳細情報はこちら
大般若経転読大法要 10月第4日曜日
玄奘三蔵がインドより持ち帰り翻訳したお経の数は1,335巻にものぼります。その中でも約半数の600巻を占めるのが大般若経と呼ばれるお経です。
転読大法要では、経本を広げ流し読むことで、七難即滅、七福即生、商売繁盛、如意円満などのご利益を受けることができます。
詳細情報はこちら
このページの最上部へ